haru+hareはこんなサロンです


 ハルハレ最寄の朝霧駅はすぐ南側に大蔵海岸があり、
 東側には明石海峡大橋が見えます。
 とてもロケーションの良い、素敵な場所です。

 朝霧駅より北に徒歩3分の朝霧整体院の中にハルハレはございます。
 小さなリラクゼーションルームが誕生したのは平成19年12月11日。
 以来、素敵なお客様方に恵まれ、楽しく施術させて頂いております。



haru+hare、名前の由来


 はじめは『朝霧整体院リラクゼーションルーム』という
 「そのままやん!」と言いたくなるような捻りのない名前でした。

 一度目の産休を平成22年にとらせていただいたのですが、
 その際にウェブデザインが得意な友人に、ずっと欲しいな、と
 思っていたサロンのロゴを作ってもらえないかしら、とお願いしました。
 そうしましたら、「屋号あったほうがいいんじゃない?」との事。
 そこで初めて考えたのでした。

 こういう名前を考えるのは苦手なほうなのですが、1人目の子供を
 出産しまして退院後、家の近所の桜並木を歩いている時、
 ふっと『ハルハレ』と浮かんだのでした。


 haruは春で、あたたかい、なにか新しいことを始めたくなるような前向きな気持ち。
 hareは晴れで、言葉のまま晴れやかな青い空のようなスッキリとした状態。


 めっちゃええやん!と即決しました。
 今、思えば、当時の気持ち、出産して子供を育てていくぞ、
 そしてお仕事もがんばるぞ、という気合いみたいなものも入ってた
 気がします。
 ちなみに『+』は間にあるとサマになるかな、という超浅はかな
 理由で入っています(笑)
 でも、とっても気に入っております。

 『haru+hare~朝霧整体院リラクゼーションルーム』。
 以前の『朝霧整体院リラクゼーションルーム』も残しております。
 『朝霧整体院リラクゼーションルーム』時代は2年半と短い期間では
 ありましたが、素敵な思い出が詰まっておりますので置いておきたい、
 という気持ちと、初心を忘れない、という意味も込めています。



 私が施術しています。

 ・川崎あかね

 ・1977年7月27日生まれ。
 ・A型。
 ・大阪市平野区出身。
 ・16歳からは大阪市住之江区、29歳からは結婚を機に明石市で暮らす。

 27歳のころからこのお仕事をさせて頂いております。
 もともと、学生時代から接客業のアルバイトを多く経験しまして、
 もう少し、踏み込んだ、じっくりと接客できるお仕事はないかしら、と
 思ったのがこのお仕事をさせて頂くきっかけでした。

 大手リラクゼーションサロン併設のスクールで、アロマテラピーマッサージ、リフレクソロジー、
 ボディケアマッサージを学び、その後、サロン勤務をしましたが、これが予想以上に楽しく、
 「もっと深く学びたい!」ということで、サロン勤務2年が経ったころ、あらためて、ボディワークのスクールに
 通いはじめました。
 解剖学からストレッチ、オステオパシー、内臓マニュピレーション、ロミロミなど、さらには自分が
 施術する際の姿勢まで様々なことを学び、今までの自分のサロンワークを見直す素晴らしいきっかけとなりました。

 また、東京で人気のアロマテラピーサロン、整体院にてフェイシャル、小顔矯正を学びました。
 お顔の施術の技術だけではなく、セラピストとしての在り方なども教えて頂きました。
 その後の勉強でお顔の施術は身体にも良い影響をもたらすことを知り、現在も勉強中です。

 主人(院長)が整体師、ということもあり、整体の教材DVDを観たり、教えて貰った技術を
 リラクゼーションに使えるようアレンジしたりして、気持ち良いのはもちろん、効果を実感して
 いただける施術を目指しています。

 もともとマッサージが好きで、色々なサロンに行ったりしていましたが、いくつか、私的に
 「元気になって帰れるサロン」というのがありました。
 「は〜、気持ち良かった、うっとり♪」という感じにプラスして、「なんかめっちゃ元気になった!
 そういえば、帰りにずっと気になってたあのお店に寄ってみよう!」みたいな、うまく表現できないのですが、
 サロンに来て、マッサージを受けて、やる気が出て前向きになる、といった感じでしょうか。
 ご来店いただいたときよりも、気持ちも身体もすっきり帰っていただけるようなサロンにしたいと
 思っております。

 お客さまの「ありがとう」、「気持ちよかった」などの暖かいお言葉が、とてもありがたく
 嬉しく感じられます。
 お客さまの心身と向き合うこのお仕事は、様々な面でおそらく一生勉強が続くことでしょう。
 今よりももっと、お客さまに喜んでいただけるよう、初心を忘れず進化し続けたいと思っております。




 

Page Top